So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

臨時議会 本会議 最終日 [議会・政治]

鉄道高架の是非を問う住民投票条例制定の議案を審議した臨時議会。

1日の建設水道委員会の採決の結果を受けて本会議で委員長からの「議論した内容の報告」が行われ、それに対する質疑(1人)、本件に対する賛成討論(3人)、反対討論(3人)が行われた。

討論後、起立採決の結果、反対19、賛成5で否決。

新たな事実が出たわけではなく、議会的にそう簡単に覆る案件でもなく。

間接民主主義の補完が直接請求、住民投票だ、という意見はわかるけど、それ以前に合議体の中で喧々諤々と議論したあとは唯々諾々と従うことも大事だなと思う。残念ながら、でも、民主主義に妥協は絶対に必要だ。

で、「報道されない一番不思議なこと」は、住民投票条例制定に向けた署名集めに参加していない高架反対派議員たちが条例制定の賛成意見を述べていること。
今回たった1議員がこの運動を行った。その議員はずーーっと持論で言っていたことだから気持ちはよくわかるが、それに賛同しない人たちまでがしゃあしゃあと賛成討論をぶった。

ちょっと違うなと感じている。

また、今回も傍聴者の何名かは議長の制止を無視して何度も「賛意を示す拍手」を激しく行っていた。威圧的な傍聴者には退場を命じるべきだとの意見が多い。終了後、傍聴者に向かって「ありがとう」と声をかけている議員の姿に悲しくなった。「ルールは守れ」がホントだろ。

約9割の土地取得が済み、長年の議論のもと現在継続中の高架事業および関連事業。3日おいて今度は2月議会が8日から始まる。

今回の議論の詳細も議会事務局からの録画中継をご覧ください。

http://smart.discussvision.net/smart/tenant/numazu/WebView/rd/council_1.html

nice!(1)  コメント(0) 

臨時議会 始まります。 [議会・政治]

本日、鉄道高架事業の是非を問う住民投票条例制定の議案に関する建設水道委員会での審議が行われました。

請求代表者の2名の方からの意見陳述と各委員からの請求代表者に対する質問が行われ、委員会内での採決。

昨年末、直接請求に3448筆の署名が集まりました。主として鉄道高架に反対の方々が署名集めをされたとのことです。
対して市議会ばかりでなく静岡県、沼津市の当局は事業を推進しています。推進賛成の市民も相当数いるのも事実です。

今回は5人いる反対派議員のうち1名が孤軍奮闘して臨時議会開催となりました。

審議終了後、起立採決の結果、条例案に対し、賛成2、反対3で、本議案に対する建設水道委員会での採決は否決となりました。

※5日の本会議でこの採決に対する賛成と反対の討論を行うことができ、最終的に議長以外の24人で議決を行います。賛成反対同数の場合は議長も賛否を示します。

nice!(0)  コメント(0) 

鉄道高架の是非を問う住民投票条例 臨時議会開催 [議会・政治]

本日、沼津市議会臨時議会。
鉄道高架の是非を問う住民投票条例の議論が今日明日、そして5日に行われる。本日の本会議は朝10時から開会予定。

イマイチ市民の皆さんは関心が薄いような気がするが、時の判断は重要。ちなみに平成17年に同様の事案があり、これは否決、住民投票は必要なし、とされた。

今回も、長年かけて進めてきた市の最重要施策について、このまま継続するか、改めて住民投票にかけて市民に信を問うか、を議論し、判断する。鍵となっている原地区新貨物駅建設予定地の未買収地権者は徐々に減り20人ちょっととなり、関連の駅周辺再開発はイーラde やBiVi 、プラサベルデ、キラメッセなど次々と完成してきている。市長の付帯意見は「住民投票条例制定に反対」

また、この件は4月の統一地方選挙での市議会の選挙にも影響を与えるのは必至。

議会中継はスマホでも見れます。何卒関心をお持ちいただき、是非ご覧ください!

http://smart.discussvision.net/smart/tenant/numazu/WebView/rd/council_1.html

nice!(0)  コメント(0) 

ご縁に感謝! [ボランティア]

農福連携の一事業として始めた、就労継続支援A型事業所ユースエイドでのオリーブ栽培。
平成26年5月から数えてこれで2年半が過ぎ、今年10月29日に収穫、搾油をしました。

KIMG7388.JPG

見事な味のエキストラバージンオイルとなり、今後の楽しみが増えました。
この取り組みには本当にたくさんお方々が関わって下さり、農業初心者の私を支えてくださいました。

48379172_1973807672713473_8843241790204018688_n.jpg

静岡市のクレアファームさん、長泉役場さん、沼津高専さん、そしてトラクターや軽トラや農業技術の指導をしてくださった方々。事業所を経理面や労務指導で支えてくださった方々。経営アドバイスで支えてくださった金融機関等。皆様のおかげで事業体としてのこの取り組みが成功に導かれたと思っています。

48368420_1973807199380187_4491482060044632064_n.jpg

元をたどれば、私の塾講師時代の不登校の小学生との関わりが始まりです。
当時小学5年生の男の子が突如学校へ行けなくなりました。
家庭や、学校、教委とのやり取りの中、また、その後にも不登校になってしまう子供たちの現実を見る中でいつしか市会議員になってこの問題に取り組みたいと思うようになりました。

48315866_1823881324377911_1706401875479232512_n.jpg

苦節を経て市会議員になった後は不登校や引きこもりの方々とその親への支援と活動が広がりました。

そしていつしか目標はこういった方々の就労、社会参加を実現させることとなり、平成24年に三島市寿町にA型事業所を開設することになったのです。

事業所の運営は大変でしたが、障害を抱えて生きる方々との関わりの中で様々なことを学ばせていただけたのも事実です。また、この事業を通じて社会貢献したいという企業とのお付き合いがいくつも生まれました。

人のご縁が重なり、利用者のみなさんと一緒にオリーブの栽培をやることになり、大変だけど結構楽しい作業が始まりました。

作業の結果がオリーブの成長として現れるこの取り組みは結構やっていて楽しいものです。みんながいるから頑張れた。本当にそう思います。

本日は私の両親も近所に住んでいた沼津市大岡のフレンチの名店ヌーヴォサンスさんで『長泉産エクストラヴァージンオリーブオイル』の賞味会を開催しました。

フォアグラ.jpg

支援していただいた皆様とこのような会を開催できましたことを心より感謝いたしております。

鴨肉.jpg

そして、 次の新たな目標に向かって頑張ろう! と強く思いました。

長泉産オリーブオイル.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

大岡地区公共交通推進住民協議会 [地域]

旧国道1号線と旧国道246号線とに挟まれた区域のバス路線が廃止されて久しい中、大岡地区では平成24年頃から地域住民の足となる、新しい公共交通網の形成を市に対して要望してきました。

住民の高齢化や核家族化に伴い自動車で移動できない高齢者が増えつつあることや、地球規模の環境問題をも考えて持続可能な社会実現のための公共交通機関の見直しが様々な所で話題に上がり始めていた頃だと思います。

このような中、昨年10月から12月までの3か月間、本市まちづくり政策課と伊豆箱根バスのご協力により沼津駅から日吉、下石田、大岡地区センター経由の大岡地区循環バスの試験運転が行われました。さらにこれを受け本年5月に行われた大岡連合自治会総会で「試験運行されたバス路線の本格運行の促進」が年度事業計画の一つとして承認されました。その後6月に本協議会が発足し、7月から毎月一回、本格的な協議を実施しています。8月には公共交通の専門家である早稲田大学准教授の井原雄人先生にご講演をいただき、9月、10月の協議会にも連続してアドバイザーとして(東京から遠路はるばる)ご参加をいただいているところです。

また、9月24日には協議会参加者のうちの有志が、大岡地区センターからスタートし、木瀬川マム→平和郷→下石田カタクラパーク→大岡公園→大岡団地→造り道→日吉公会堂→日枝神社までを徒歩にて路線検証を行い、道路幅員や住宅密集の状況、ショッピングセンターや病院の分布状況、交通事情、安全状況等を確認しました。実際に自分の足で歩いて観ることで公共交通を使う際のバス停までの距離感や歩道の歩きにくさ、路線の工夫のヒントなどを知ることができたようです。

この動きと呼応するかのようにして、沼津市は「新たな交通システム」の実証実験として、沼津駅-沼津港間に次世代モビリティEVバスの試験運行をしています。これは時速19キロで走る環境に優しい電気バスで、平日は買い物や通院などの足となるように、また休日は旅行者の観光利用をターゲットとしたものです。

協議会では、私たちの理想とする公共交通についての議論をしています。以下、いくつかの話し合いのポイントをご紹介します。

①自動車の運転が困難な高齢者の方々には昼間、カタクラパークや西友、マムといっったスーパーマーケットや地区センターや大岡公園といった地域の核となる施設に巡回する公共交通が必要。

②通勤・通学での利用は朝と夕だけだが、元気な若者は自転車で移動するし、雨だと合羽を着るか親が車で送迎するのであまり公共交通は必要としないかもしれない。

③駅や図書館をはじめ駅周辺の施設へは公共交通があるからこそ行きたいという気持ちになるのではないか。特に夜の飲み会への往復にバスがあると非常にありがたい。

④バスのサイズは大き過ぎず小さ過ぎずを期待する。9人乗りの電気バスやワゴン車では乗れない人が出る可能性があり、マイクロバス(20人)くらいの規模がよいのではないか。

⑤バスが走るコースは一つに絞るのではなく、大岡駅から旧国一の間を4種類くらい設けてもよい。特に日吉や木瀬川坂下から地区センター方面には歩いて行くのは高齢者には無理なのでそれぞれの循環コースがあるといい。

⑥料金設定は安ければ安いほどいいが持続できない経営体質にしてはいけない。しっかり見通しを立て、企業協賛や、年間定期、家族割引定期、一日乗車券、スーパーマーケットでの乗車割引、そして自治体補助などしっかり組み合わせられたらいいと思う。

⑦事業を実施するのはバス会社、タクシー会社の他に自治会、地域でつくるNPO法人なども考えられるが、運行管理や運転手確保など専門性の高い部分は公共交通事業者に業務委託することもできる。

この他にもたくさんの意見が出ています。今後、協議会の意見をまとめたり、大岡地区住民の皆さんのご協力の下、アンケート調査をしたりして大岡地区の新しい公共交通形成に向けた取り組みを続けて参りたいと思います。皆さんのご意見もしっかり受け止め参考にしていきたいと思いますので、ご意見を各単位自治会長経由でもかまいませんので、協議会までお寄せください。よろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

中国岳陽市からの研修生 張弛さん [議会・政治]

が70日間の行政研修を終えてもうすぐ帰国の途につきます。今日は議長室までお別れの挨拶に来てくださいました。

46498958_1946323978795176_2653123602227920896_n.jpg

市役所内で様々な研修を行い、多くの沼津市民に岳陽市をご紹介していただきました。

日本語が上手な張さんでしたので皆さんとても気軽に話しかけることが出来、たくさんの交流、思い出ができたことと思います。

日中間の様々な政治的思惑が連日ニュースで取り上げられますが、こういった個人と個人の付き合いが本当は国際関係に一番大事なのではないかと思っています。

私はニュージーランドやフィリピンとの交流をしてきていますが、今後、岳陽の方々との懸け橋になっていただきより多くの新たな繋がりを作っていってほしいです。

張さんにまた会えることを楽しみにしています。
nice!(0)  コメント(0) 

静岡県セーリングチャンピオンシップ開催 沼津市牛臥海岸沖 [セーリング・海辺]

久々に沼津市の牛臥海岸でセーリングの大会が開催されました。
今日は静岡県チャンピオンシップ。昔の県民スポーツ祭ですね。

46454406_1941033485990892_1683254763417763840_n.jpg

私もセーリング連盟の会長として、副議長としてご挨拶させていただきました。
ホントはたまにはレースにも出たいのですが、土日はいろいろな行儀があり叶いません。

DSC_0041.JPG
 
沼津の海にセーリング文化を根付かせたい、なんてことを20歳代のころよく言っていたのですが、なかなか実践は難しいです。

46495994_1941033532657554_3146636866619441152_n.jpg
(左は同年代のセーリングチャンピオン杉山武靖さん。同志社大学インカレ4連覇!)

昔あった東急のヨットハーバーのディンギー用スロープも牛臥浜公園になって使えなくなってしまったし、津波対策で防潮堤の出入口は常時閉めっぱなしです。

何とか市民が海に親しみ、沼津の海を楽しみに来てくれる交流人口を増やしたい。

もう一度基本に帰って検討したいと思います。
来期の重要課題だなー。
nice!(0)  コメント(0) 

オリーブの収穫を行いました! [福祉]

私が代表を務める就労支援事業所ユースエイドで3年前から行っているオリーブ栽培。
本日、いよいよ初収穫、初搾油の日となりました。

received_564928750609347.jpeg

利用者さんと耕作放棄地を整備し、耕し、土壌改良をし、定植をし、草刈りをし、害虫をつぶし、肥料をまき、剪定をし、そして収穫をしました。

KIMG7388.JPG

KIMG7460.JPG

決して楽な作業ではなかったし、泣きたくなるくらいの出来事もいくつかありました。

でも、こうして熟したオリーブをみんなで収穫し、出来立てのエキストラバージンオイルを試飲したら、全ての苦労は吹き飛びました!

KIMG7467.JPG

みんながいたから頑張れた。本当にそう思います。

KIMG7478.JPG

今後何年かすると、きっとオリーブの収益が皆さんのお給料に活かされることともいます。

今日はワインとイタリア料理で祝杯を挙げます!(笑)

バンザーイ ヽ(^。^)ノ
nice!(0)  コメント(0) 

沼津市との友好都市 岳陽市訪問団がいらっしゃいました。 [議会・政治]

黎四清(れい しせい)団長をはじめとする岳陽市友好訪問団の皆様が沼津市においで下さいました。
前日は滋賀県の訪問。(岳陽市の洞庭湖と湖つながりで交流があるそうです)
沼津は二泊三日の駆け足滞在で、市役所の他、沼津港、泉水源地、クリーンセンターなどを見学されたそうです。

岳陽集合写真.jpg

市役所での市長表敬訪問の後、議場も見学され、中国と日本の議会制度の違いについて意見交換をしました。

岳陽議場説明.JPG

また、議長室もご案内したところ、歴代の友好訪問の際の贈り物が多数陳列されており、皆さん楽しそうに見学されておりました。

岳陽議場集合.JPG

夜はリバーサイドホテルで国際交流協会主催の歓迎会。ここでは乾杯の挨拶をさせていただきました。

岳陽乾杯挨拶.jpg

沼津市役所には市民自治課の国際交流室に中国語ができる臨時職員さんがおり、少し前から中国語でのあいさつを習うことができ、当日は少しだけ中国語でご挨拶ができました。(笑)

私自身は9年前に岳陽市を訪問したことがあります。
それ以前には、香港、桂林、貴陽、昆明、武漢、重慶、成都、西安、杭州、そして北京、上海。
都市を並べると結構中国は訪問してきました。

ここのところの目覚ましい発展もありますから、次に機会がありましたら是非今回の訪問団の皆さんに会いに行きたいなと思いました。

国と国、地域と地域の友好は、人と人の心の触れ合いがあって初めて実現します。
トランプ大統領ももっと諸外国の首脳と触れあえばいいのに…。


nice!(0)  コメント(0) 

10月議会終了 [議会・政治]

本日、沼津市議会9月、10月議会が閉会しました。

今定例会の一番のトピックは鉄道高架事業における貨物駅用地取得のための土地収用法35条調査のための補正予算可決、です。
いよいよ本事業の最難関に迫ってきたという気がいたします。

30年以上前から本事業の調査等が始まり、紆余曲折を経て鉄道高架の大前提となる貨物駅建設に向けた土地の取得に関する手続きです。徹底抗戦を決め込む地権者もおり、多くの課題が残ります。

本事業の効果と市民の民意をしっかり見定めなくてはいけませんし、一人一人の市民の幸福も追求していかねばなりません。
民主主義とは時間と費用と手続きが膨大にかかる仕組みだと感じます。

また、今定例会中に下水道事業に関して料金改定の答申が経営審議会より市に出されました。
5年前の約40%値上げに続き、今回は25%の値上げを答申しています。5年前と合わせると一般家庭で74%の値上げとなります。

驚異的な値上げです。

これでもまだ他市町に比べ下水道料金は安い、運営経費を単独収入で賄えるような独立採算を実現するためという文句は理解しますが、

5年間で74%の値上げという経営センス。

絶句します。

最終的な経営改善に関しては当然値上げもありかと思いますが、接続率を上げ整備推進を今後加速させるのに今回の答申を受けてどのように動くかを市民はよく見ていると思います。

10月議会は閉会しました。

次の11月議会まで約一か月。市民のみなさんの意見をしっかり聞いて行動していきたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。